巷でウワサの“Itモデル”をSNAP!

Current mood in SNIDEL Current mood in SNIDEL

ONE-PIECEfeels

共通オーダーは“ワンピース”

Miyuki Emond

Miyuki Emond

ラフに着られる服が好きで、できるだけ人とカブらないものを選びたい。だからこそ、エモン美由貴の私服は古着率高め。このオールインワンも、セージグリーンのような渋めのカラーや開襟デザイン、シルエットも含めてヴィンテージっぽい空気感に惹かれ、自分らしくなじみそうと手にとった。

インに重ねた薄手のハイネックカットソーも、どこかユーズドライクな雰囲気。そこにシースルーのハットや光沢のあるブーツ、ゴールドのピアスを足して今っぽいエレガントな印象に。仕上げに大きめの巾着バッグを肩がけ。あえてファニーな違和感を添えたことでしっくりまとまった、と話す。

miu

miu

コーデの主役は、モヘアの質感とルーズなざっくり編みが気に入ったというニットドレス。
片側のすそをサスペンダーで吊り上げて、着丈に長短を。アシンメトリーにアレンジすることで抜け感を出したくて、とミユ。インに着たTシャツの白をちらっとのぞかせたのも好バランス。

Tシャツは、プリントものをあえて裏返しで着用。古着ならではのくたっとした生地ゆえに、表のプリントがうっすら透ける。シンプルな無地とはまた違う、その微妙なニュアンスが好きなんだとか。パテントの光沢が着こなしにリズム感を与える、クラシカルなダービーブーツはサンローランのもの。

Yurie Akutsu

Yurie Akutsu

着物のちりめんを思わせるシックな素材感のドレス。さらに、シャーリングたっぷりでデザイン性があるぶん、一枚で着映えするのがいい、と語る阿久津ゆりえ。被って着るタイプのスモックドレスがもともと大好きで、これは古着のミリタリージャケットと合わせたい!と直感で思ったのだとか。

合わせたマーチンブーツは、マット加工がめずらしいデッドストックのもの。燻されたような渋さがあって、着こなしに重厚感が出るから、フェミニンなドレスの引き締め役としても活躍するそう。

Kurumi

Kurumi

“ニットで肌を見せる”アプローチが好き。いわゆる肌見せニットは秋冬の定番、と話す玖瑠実。
このニットドレスは、バックだけじゃなく両サイドからも肌がのぞく、ひとクセありのデザインにぐっときたそう。ニットを着るときは重く見えないよう、脚を出して自分なりのバランスに調整するという。

足元はマーチンブーツでタフに。ずっと愛用していた王道の8ホールから、2年ほど前に筒高めの10ホールに新調した。より骨太なムードで、ミニボトムやワンピースとの親和性も上々とのこと。

STAFF

photograph_YUSAKU KONDO
edit & text_NAO MANITA[BIEI]