巷でウワサの“Itモデル”をSNAP!

Current mood in SNIDEL Current mood in SNIDEL

OUTERmood

共通オーダーは“コート”

Yurie Akutsu

Yurie Akutsu

ベルトをキュッと締めて袖口をフレアにできるのが可愛くて、と阿久津ゆりえ。トレンチ特有のかっちり感がそんなになく、柔らかい印象でリラックスした感じに着こなせるのが気に入ったというコート。肌触りのいい上質なウールと、ラグラン仕様になったふんわりスリーブがその立て役者だ。

レースのハイネックブラウスは、彼女がこよなく愛するヴィンテージ。気負わずカジュアルに装いたくて、スタンダードでどこかトラッドな薫りただようネイビーのタックパンツを合わせたと話す。コートの絶妙なモカブラウンの色合いがスタイル全体のまとめ役に。バッグはロエベのもの。

Kurumi

Kurumi

一見シンプルでいて、その独特のドレープ感がインパクト十分のポンチョコートは、“シルエット”で服を選ぶことが多いという玖瑠実らしいセレクト。縁に施されたレザートリミングのおかげで甘く見えすぎないこと。さらに、両脇にスリットポケットがついた意外な実用性も心に響いたのだとか。

コートと同系色となるオフホワイトのパンツは、あえてレザーを選択。質感に差をつけてコントラストを持たせたことで、白系アイテム同士のマッチングも、ほっこり見せずモダンな印象に仕上げている。エッジのきいたパイソン柄のミニバッグをさらっと足してアクセントに。

miu

miu

まず目に留まったのはワインカラー。ぼわんとした広がりのあるフォルムも可愛いなと思った。
MA-1を選んだ理由について、そう話すミユ。フロントを一番上だけ留めたのも、そのフォルムをいかすため。インに着たユーズドTのブルーをのぞかせ、ディッキーズのチノパンは茶色をチョイス。

相性のいいブルー×茶の組み合わせに、ワインカラーをプラスした配色バランスが好みだという。上にボリュームがあるぶん、チノパンは細めのシルエットを意識してジャストサイズの29を着用。オーバーなサイズ感でゆるっとはきたいときは32を選ぶそう。足元はパラブーツで重厚感を。

Miyuki Emond

Miyuki Emond

すそだけ軽くフレアになった細身のシルエットが合わせやすくて、長らく愛用しているというカルツェドニアのレギンスパンツ。そこにオーセンティックなクルーネックニットを合わせた上下ブラックの着こなしに、ボリューミーなファーが目を引くモッズコートをばさっと羽織ったエモン美由貴。

取り外せる裏ボアのライナーも本格的でかなり暖かい、と保温性にもひと際こだわるのは、カナダで暮らした経験のある彼女ならでは。モッズコート自体がメンズライクなものだから、マットな生地や袖口を絞れるベルトデザインで自然と女らしく着られるのがいい、と話す。ゴールドのチェーンネックレスをさりげなくポイントにして、スニーカー調のシューズで軽やかさと抜け感を演出。

STAFF

photograph_YUSAKU KONDO
edit & text_NAO MANITA[BIEI]